PASONAの法則を使って購買心理に基づいた文章を書く

PASONAの法則を使って購買心理に基づいた文章を書く





こんにちは、イワサキです。


今回は、「PASONAの法則について」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、PASONAの法則への理解を深めていただければと思います。


PASONAの法則とは


PASONAの法則とは、購買心理に基づいた文章構成のことで、以下の5つから成り立っています。

  • Problem:問題
  • Agitation:扇動
  • Solution:解決策
  • Narrow down:限定性・緊急性
  • Act:行動
主にセールスレターに使用される法則ですが、サイトアフィリエイトにも取り入れることは可能です。

無理なくダイエットをしたい人に向けて、ダイエット飲料(酵素ドリンク)を売るという設定で、5つの文章構成を説明していきます。


Problem:問題


まず、見込み客の問題点を明確化します。


今までにダイエットに挑戦してきたけれど、続かずにやめてしまった人を対象にするのなら、「ダイエットが成功しないのは、続けられないからではないですか?」と訴求していきます。


「続けにくい方法でダイエットをしていたのが問題だったんだ」と認識してもらうわけです。


Agitation:扇動


問題点を認識してもらったら、続いて、今の状態のままではまずいことを理解してもらう必要があります。

「ダイエットしないとまずい」と思ってもらうわけですね。


例えば、

「もうすぐ夏になりますが、水着を着ることができますか?」
「5kg痩せるだけで、きっと異性からモテるようになるでしょう」


「痩せないとまずい」「痩せればもっといいことがある」と感じてもらうことで、解決策を求めるようになります。


Solution:解決策


今の状態のままではまずいことを理解してもらったら、次に解決策を提示します。

いよいよ、問題を解決するための商品・サービスを提示するというわけです。


「酵素ドリンクを飲むことで、無理なくダイエットができます」


今回の例における解決策は「無理なくダイエットする手段」です。

なぜ酵素ドリンクは無理なく痩せることができるのかを、ここで伝えていく必要があります。


注意しなければならないのは、Problemの段階で明確にした問題点に対する解決策でなければいけない、ということです。

例えば、「スポーツジムのスパルタプログラム」みたいなサービスをここで提示しても、それは無理なくダイエットする手段ではありませんから、見込み客には響かないわけです。


Narrow down:限定性・緊急性


商品やサービスを提示したら、次に、今買わなければいけないと喚起していく必要があります。

今すぐ解決策を手に入れる必要があると思ってもらうために、ここでは限定性や緊急性を演出していきます。


よく使われているのは、数の限定と時間の限定です。

「先着15名様限定での販売です」
「3日間だけの販売となります」

数や時間を限定していくことで、「今買わなきゃ」と思ってもらいやすくなります。


あとは、「再販はしません」のように今回のチャンスを逃したら手に入らないことを伝えていくのも効果的です。


Act:行動


最後にするのは、行動を促すことです。


「ご購入はこちらから」
「酵素ドリンクを購入する」

購入ボタンをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。


シンプルなことですが、しっかりと行動を促してあげないと、見込み客はどうしていいかわからずに離脱してしまいます。

視覚的にわかりやすいように行動を促しましょう。


PASONAの法則をサイトアフィリエイトで利用する


最初にお伝えしたように、PASONAの法則は主にセールスレターで利用することになります。

ですが、購買心理に変わりはありませんから、もちろん、サイトアフィリエイトに取り入れていくことも可能です。


例えばどういった部分で取り入れていくかと言うと、

  • 商品・サービス紹介ページ
  • 商品・サービスレビューページ
  • メルマガ登録ページ
※上記3つは動画で詳しく話しています


メルマガ登録ページはサイトアフィリエイトから少し離れますが、サイト内にメルマガ登録フォームを設置して、登録を促すケースもあるはずです。


上記はあくまでも一例ですが、見込み客にとってもらいたい行動が明確になっている時は、PASONAの法則が有効です。

PASONAの法則を理解していただき、必要があれば今後のコンテンツ作成の際に取り入れてみてくださいね。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです