コピーライティングによって受け手の情報の価値は変化する

コピーライティングによって受け手の情報の価値は変化する






こんにちは、イワサキです。


今回は、「コピーライティングについて」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、コピーライティングへの理解を深めていただければと思います。


コピーライティングとは


コピーライティングとは、わかりやすく、伝わりやすい文章を書くことを言います。

結果、反応のとれる文章ということですね。


同じ情報を伝える場合でも、コピーライティングスキルの違いで、受け手にとっての情報の価値は大きく変化します。


発信する情報があるからこそ活かすことのできるスキルですが、ネットビジネスで大きな収入を生み出すためには不可欠なものです。

インプットをして、インプットした情報を発信(アウトプット)する。
その時にコピーライティングが必要になるわけです。


どちらのリンゴが欲しいですか?


理解を深めていただくために、リンゴを販売するという例文を載せておきます。(動画内でも解説しています)


  1. これは、甘くて本当に美味しいリンゴです。
    本当におすすめです。
  2. これは、青森産のリンゴで、非常に糖度が高いことが特徴です。
    昨年、リンゴの人気ランキングで1位を獲得したこともあり、全国から多くの方に取り寄せられています。

どちらが”そのリンゴ”をイメージできましたか?

どちらのリンゴが欲しいと感じましたか?


当然、2番ですよね。


残念なことに、ネットビジネスのブログやメルマガでは、1番のような発信ばかりしている人が見受けられます。

「この商材、本当におすすめです。限定です。」

こういった言葉の繰り返し。


おすすめだと言われても、何がおすすめなのか分からないことには魅力を感じませんし、商材のことを理解していないのに限定とか言われても知りません。


1番と2番のリンゴが全く同じリンゴであってとしても、伝え方が違うだけで、価値は変わってくるわけですね。


コピーライティングを極めていくために何を学ぶべきか?


  • 心理学(人の心の動き)
  • 社会学、政治学(集団での人の心理や行動)
  • ライティングテクニック(文章の構成や書き方)

主に上記を学んでいくことになります。


上記につきましては、僕が教えていきます。

お教えしたことを吸収していただいた上で、実際に文章を書いていってください。


コピーライティングに限らずですが、本当の意味で知識やスキルが定着するのはアウトプットした時です。

最初は下手くそな文章になってしまう、当たり前のことです。

僕も、情報発信を始めた当初の文章はひどいものでした。


最初は下手くそでいいのです。変でもいいのです。

まずは”書いてみる”ということが大事です。


一朝一夕でマスターできるスキルではありませんが、インプットとアウトプットを繰り返すことで必ずよい文章が書けるようになります。


頑張っていきましょう。

メールマガジン