クラウドワークスが提供する無料コピペチェックツールの使い方

クラウドワークスが提供する無料コピペチェックツールの使い方



こんにちは、イワサキです。


サイトアフィリエイトにおいて、記事を外注すると必ず行うことになるのがコピペチェックです。

外注スタッフの中には、他サイトの記事をコピーしてそのまま納品してくる人も残念ながら存在します。


コピー記事をそのまま自分のサイトにアップしていては、検索エンジンからの評価を受けることができませんし、そもそもオリジナルの記事を作成した相手に迷惑をかけてしまいます。


外注化をしている以上、コピペチェックはしなければいけないわけですが、コピペチェックツールには有料のものと無料のものがあります。

有料であれば優れたツールはいくつか存在しますが、当然費用はかかってしまいます。

とはいえ、無料のツールは機能面でイマイチなものが多いのが現状です。


ですが、唯一僕が無料のコピペチェックツールでおすすめできるのが、『クラウドワークス提供のコピペチェックツール』です。

無料のコピペチェックツールならクラウドワークスで決まり


クラウドワークスは、外注スタッフを探すに利用している人が多いかと思います。

コピペチェックツールは実験的に無料で提供しているβ版の状態ですが、納品記事をチェックするには十分な機能を備えています。


もし、「コピペチェックツールを探しているけどお金はかけたくない」ということでしたら、クラウドワークス提供のコピペチェックツールを利用することをおすすめします。


利用は非常に簡単です。

以下に、登録方法と使い方を説明していきますので、よかったら参考にしてみてください。


クラウドワークスでの発注歴があればすぐに利用可能


すでにクラウドワークスに登録していて発注歴があれば、今すぐに利用することができます。

まだ登録していなければ、まずは会員登録をして、記事などの発注を行うことからスタートです。


クラウドワークスへの会員登録


クラウドワークス

クラウドワークス

上記より会員登録をすることができます。

メールアドレスを入力するとURLが送られてくるので、そのURLのページにてユーザー名やパスワードなどの必要情報を入力していきましょう。

『主な利用方法』の項目は、『仕事を「依頼」する』にチェックを入れるようにしてください。


必要情報の入力を終えたら、会員登録が完了します。


コピペチェックツールの使い方


コピペチェックツール

会員登録をして、1度でも発注を行うことで、以下よりコピペチェックツールが使えるようになります。

クラウドワークスのコピペチェックツール


使い方はシンプルです。

「チェックしたい文章を入力してください」という項目のテキストエリアに、コピペチェックをしたい記事を貼り付けるだけです。

記事を貼り付けて、「チェック開始」をクリックすると、記事がコピペされているかどうかを調べてくれます。


チェックが完了すると、「解析結果」「詳細」という項目が表示されます。


コピー記事の可能性が高いほど、数値(パーセント表示)が高くなります。

目安ですが、数値が50%を超えるようでしたら、コピペを疑った方がいいかと思います。


「解析結果」を確認して、50%の超える数値が存在していたら、「詳細」で内容が重なっている記事を目視で確認していくといいです。

色がついている部分が、他サイトと重なっている文章です。

目視で確認すれば、コピーされているのか・たまたま重なった部分が多かっただけなのかがわかるはずです。


目視で確認してコピーされた記事だということが明らかになれば、残念ながらその記事は使えないですし、外注スタッフに連絡をする必要があります。
(再度納品していただいてもいいですし、作成依頼を打ち切ってもいいです)


外注化する際にはぜひ導入を


機能面で優れたコピペチェックツールが無料で使えるわけですから、外注化していてまだコピペチェックツールを導入していないのであれば、すぐにでも使っていくといいでしょう。

これから外注化することを考えているのなら、外注化するタイミングで使い始めるようにしましょう。

僕は有料のコピペチェックツールを使っていますが、最初はクラウドワークスの無料コピペチェックツールでもよいです。

→おすすめの有料コピペチェックツール「コピペリン」の使い方


外注スタッフに記事作成をお願いするのであれば、コピペチェックは必須です。

残念なことに他サイトのコンテンツをコピーして納品してくる人はいらっしゃいますし、コピー記事をサイトにアップしてしまうと、マイナス評価を受けてしまう可能性があります。

せっかくお金を払って記事作成をしているのですから、使える記事(評価される記事)でなければ意味がないですよね。


お金に余裕ができてきたら有料のツールを使うのがおすすめですが、とにかく、コピペチェックをすることは怠らないようにしてください。


クラウドワークスは僕が外注する際に積極的に利用しているサービスでもあります。

外注スタッフを探すにも、納品記事のチェックをするにも、非常に重宝するサービスなので、外注化を考えているのなら登録しておきましょう。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン