外注化に失敗する人の4つの傾向と準備するべきこと

外注化に失敗する人の4つの傾向と準備するべきこと





こんにちは、イワサキです。


今回は、「外注化に失敗する人がやっていること」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、外注化への理解を深めていただければと思います。


外注化をするべき理由というのは、主に以下の3つになります。

  1. 作業が加速するため
  2. 収入が加速するため
  3. 自動で収入を得る仕組みを作るため
ですので、外注を使っていたとしても、上記3つが実現できていないようでは、「外注が成功している」と言うことはできません。


実際のところ、外注スタッフに支払う費用ばかりが出ていって、それに伴う成果を得ることができていない人は少なくありません。

「なぜ、外注化に失敗してしまうのか?」

外注に失敗してしまう人に多く見られる傾向が4つあるので、もしあなたが4つのどれかに当てはまるのであれば、すぐにでも改善していってください。


外注化に失敗する人に見られる傾向


外注に失敗してしまう人に多く見られる傾向は、次の4つです。

  1. 全体の作業量があまり増えていない
    (スタッフ数が少ない、納品数が少ない)
  2. 外注スタッフがすぐにいなくなる
    (外注探し・教育には手間がかかる)
    →金額以外のオファー、報酬体系の工夫
  3. 管理に手間がかかりすぎている
    →マニュアル・文章テンプレートの作成
  4. 全体像が把握できていない
    (収益化することができない)
※4つそれぞれについて、動画内で詳しく説明していますので、詳しくはそちらをご覧ください


外注化は、はじめのうちは管理や教育につまづいてしまうことが多いですが、慣れれば大して難しくはありません。

マニュアル・テンプレートの作成をしておけば、外注化するにあたっての手間は大きく減らすことができますので、そこは手を抜かないようにしましょう。


動画を見て、当てはまることがあった場合は、しっかりと改善していってくださいね。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです