Fetch as Googleの使い方とインデックス速度の重要性

Fetch as Googleの使い方とインデックス速度の重要性






こんにちは、イワサキです。


今回は、「Fetch as Googleを使ってインデックスを早める」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、Fetch as Googleへの理解を深めていただければと思います。


インデックスされなければ、アクセスは集まらない


サイトアフィリエイトを実践していくにあたって、僕たちがやっていくのは、記事を作成してサーバーにアップロードしていくことです。

サーバーに記事をアップしていくことによって、ネット上からアクセスを集めることができるようになります。


ですが、正確に表現をするのなら、アクセスが集まるタイミングは「サーバーにアップした時」ではなく、「サーバーにアップした記事がインデックスされた時」です。

訪問者の大半は、検索エンジンに何かキーワードを入力して、検索結果として表示された情報をクリックしてサイトに訪れます。

インデックスされていなければ、検索結果にあなたのサイトが表示されることはありません。


記事をアップしても、インデックスされなければ人の目に触れることはほとんどないのです。

そのため、インデックスが早いか遅いかということが重要になってきます。


スピードがモノを言う記事の場合は、収入に直結する


インデックス速度は、サイトの強弱によって異なります。

サイトの強弱は、運営期間やアクセス数などと関係してきますので、今すぐに自分でコントロールできることではありません。


ただ、繰り返しますが、検索エンジンにインデックスされなければ、アクセスは集まりません。

特に、ニュースを扱うサイトやトレンド情報を扱うサイトの場合、”いかに早く情報を公開できるか”が勝負になります。


他サイトよりも早く公開することで、爆発的なアクセスを集めることに繋がるわけですから、インデックス速度が収入に直結してきます。

どれだけ早く情報を仕入れて、どれだけ早く記事を書いたとしても、インデックスされなければ意味がありません。収入を生み出すチャンスを逃してしまいます。


インデックスを早めるためにFetch as Googleを使う


そこで、もし自分のサイトのインデックス速度が遅い時に使うべきサービスが『Fetch as Google』になります。

Fetch as Googleは、Googleサーチコンソールの機能の1つです。

Fetch as Googleを使って、検索エンジン(Google)にインデックスの依頼をすることによって、インデックス速度を早めることができます。

→Googleサーチコンソールへ


立ち上げたばかりのサイトや、なかなかクローラーが回ってこないサイトでは、Fetch as Googleを使うことをおすすめします。

動画で使い方を解説していますが、URLを入力して送信するだけなので、大した手間にもなりません。


サイトが強くなっていくにつれてインデックス速度は早まってくるので、いずれはFetch as Googleを使う必要がなくなりますが、初期段階では非常に重宝するサービスになりますので、インデックスが遅いうちは積極的に使っていきましょう。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン