キーワードプランナーの使い方とサイト作成・記事作成における活用方法

キーワードプランナーの使い方とサイト作成・記事作成における活用方法





こんにちは、イワサキです。


今回は、「キーワードプランナーによる検索数チェック」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、キーワードプランナーへの理解を深めていただければと思います。


キーワードプランナーとは


キーワードプランナーとは、Googleで広告を出稿するためのサービス『Google AdWords』の機能の1つです。

→Google AdWords キーワードプランナー

ですので、本来は広告を出稿する際に利用するものですが、僕たちのように、サイトアフィリエイトを実践している人の多くは、違った目的で利用しています。


キーワードの月間検索数を調べる


主な目的というのは、キーワードの月間検索数を調べることです。

キーワードプランナーで狙うキーワードを入力することで、そのキーワードが月にどれくらいの検索されているのかをチェックすることができます。


月間の検索数が多いキーワードを狙っていった方が、アクセスを集めやすい傾向にあることは想像できるはずです。

アクセス数が報酬額に直結するクリック保証型の広告を扱う場合は特に、キーワードの検索ボリュームを予め知っておくことは重要になります。


ライバルの強さを調べる


また、「競合性」という項目を確認することで、大まかなライバルの強さを調べることも可能です。

キーワードプランナーに表示されている競合性とは、広告を出稿する際のライバルの強さになるため、イコールSEOにおける競合性にはなりませんが、目安を知るには十分です。


「高」「中」「低」の3段階で、ライバルの強さを確認することができます。


サイトテーマ選定・キーワード選定の目安に


繰り返しますが、サイトアフィリエイトにおいて、キーワードプランナーを利用する主な目的は「キーワードの月間検索数を調べること」です。

新しくサイトを立ち上げる場合も、新しく記事を作成する場合も、何かしらの狙いたいキーワードがあるはずです。


報酬がアクセス数に依存する戦略である場合は、検索数が多いキーワードを狙ってコンテンツを作成していくことは絶対に必要になります。

また、成約率を重視したキーワードを狙う場合であっても、そもそも全く需要のないキーワードを狙っていては本末転倒ですから、ある程度の検索数は必要です。


キーワードプランナーを利用するにあたって、Google AdWordsのアカウントを作成することになります。

広告を出稿しない限り、登録も利用も無料ですので、まずはアカウントを作成しましょう。


キーワードプランナーの使い方は動画で解説しているので、アカウントが作成できましたら、動画を見ながら使い方を覚えてみてください。


そして、サイトテーマ選定時やキーワード選定時に役立てていきましょう。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです