見出しタグを利用して訪問者にも検索エンジンにもわかりやすい文章を

見出しタグを利用して訪問者にも検索エンジンにもわかりやすい文章を





こんにちは、イワサキです。


今回は、「見出しタグを利用して文章をわかりやすく」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、見出しタグへの理解を深めていただければと思います。


なぜ見出しタグを使うべきなのか?


見出しタグとは、Hタグとも呼ばれていて、文章構成を伝えるためのタグです。

h1、h2、

、h3、h5…というタグを利用し、数字が少なければ少ないほど、重要度が高いことになります。
(=h1が最も重要度が高いということです)


色んな人のサイトを見ていると、見出しタグをほとんど使わずに記事を書いている人がけっこう見受けられます。

が、見出しタグを使わないのはダメです。


見出しタグを使わないと、検索エンジンにとっても、訪問者にとっても、理解しにくい文章になってしまいます。


見出しタグには、重要なことを検索エンジンに伝える役割があります。

全く見出しタグを使わずにひたすら文章が書いてある記事だと、検索エンジンは「何が重要なのか」「何が言いたいのか」を理解できなくなってしまいます。

あなたが「この記事ではこれを1番に伝えたい」と思って書いていることを、しっかりと検索エンジンにわかってもらうためにも、見出しタグは必要なのです。


また、見出しタグが使われていない文章は、人が読んだ時にとても読みにくいです。

動画内で、見出しタグがある場合の記事・ない場合の記事を実際に表示させているので、そちらを見ていただくとすぐにイメージができるかと思います。


訪問者が読みにくい文章だと、伝えたいことを理解してもらいにくいですし、ページから離脱する原因にもなります。

訪問者のためにも、見出しタグは必須なのです。


正しい見出しタグの使い方


検索エンジンにも訪問者にも理解してもらえる文章を書くために、正しい見出しタグの使い方を覚えましょう。

意識するべきなのは、3つです。

  1. 階層構造を意識する(h1→h2→

    →h3→h5)

  2. 狙うキーワードを含める
  3. 見出しタグで話の流れがわかるように
※3つそれぞれの説明は動画をご覧ください


大事なので繰り返し書きますが、記事を書く時に見出しタグを使わないのはダメです。

最初は見出しを考えながら記事を書いていく作業が面倒だと感じるかもしれませんが、慣れてくると、かえって記事作成が楽になります。


正しい使い方を覚えて、今日から見出しタグを使うようにしてくださいね。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです