ワードプレスとHTMLサイトの比較と選ぶ時の基準

ワードプレスとHTMLサイトの比較と選ぶ時の基準






こんにちは、イワサキです。



今回は、「ワードプレスの特徴とHTMLサイトとの比較」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、ワードプレスとHTMLサイトへの理解を深めていただければと思います。


まず、ワードプレスとHTMLサイトの簡潔な違いとしては、以下が挙げられます。

ワードプレス:動的サイトを作成するための仕組み(CMS)
HTMLサイト:静的なウェブサイト


ワードプレスは、CMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれる、サイトを管理するためのシステムの1つです。

MySQLというデータベースが使われていて、そこにサイトデータが格納されています。

PHPというプログラムで作られていて、誰かがサイトにアクセスをする度に、プログラムによってページを表示させています。


…と説明してもピンとこないかもしれませんが、アクセスの度にページを生成しているサイト(動的サイト)だと頭に入れておいてください。


一方でHTMLサイトは、サイトにアクセスがあった時に、あらかじめ作成してサーバーにアップロードした文章や画像などをそのまま表示させています。
(これを静的と表現します)

多くの企業ホームページなどは、こちらに該当します。


ワードプレスの特徴


ワードプレスの主な特徴は以下になります。

  • テンプレートが豊富にある
  • プラグインを利用して簡単にカスタマイズ可能
  • 動的サイトのため複数ページの変更が容易
  • 利用者が多いため情報が多い
CMSには様々なものがありますが、世界的に見ても、日本国内で見ても、ワードプレスは圧倒的に利用者が多いです。

利用者が多いということは、それだけ情報が多いため、問題解決が容易になりますし、テーマと呼ばれるテンプレートが豊富にあるため、サイトのカスタマイズが楽にできます。

プラグインを利用することで、簡単に機能追加できることも大きな特徴ですね。


また、CMSには有料のものも多いですが、ワードプレスは無料です。

ワードプレスを導入するにあたって必要な費用は、ドメイン代とサーバー代のみになります。


SEOを目的にワードプレスを導入するべきではない


「SEO対策としてワードプレスを導入しましょう」

このような言葉をたまに目にしますが、SEOを目的に導入を決定することは、僕は間違いだと思っています。


まず前提として、検索エンジンは良質なサイトを上位表示させたいと考えています。

良質なサイト=コンテンツが優れたサイトですから、それがワードプレスであっても、HTMLサイトであっても関係はありません。

ですので、検索エンジンがワードプレスというだけでそのサイトを優遇することは考えにくいです。


ワードプレスは、最初から検索エンジンがクロールしやすいような構造になっているので、そういった意味ではSEOに強いと表現することはできますが、仮にサイト構造がワードプレスとHTMLサイトで同じであれば、ワードプレスを導入することでSEO的に有利になることはないと言えます。

とにかく、SEOを基準にワードプレスを導入するのは間違いだということです。


ワードプレスとHTMLサイトの導入基準


では、何を基準に導入を決定していくことが正しいのでしょうか?

僕が重視しているのは、全部で3つになります。


更新を続けるのか否か(完成があるかないか)


「完成があるかないか」を基準にどちらを選ぶかを決めていきます。


日々記事を追加していくブログであったり、ニュースを扱うサイトを運営していくのであれば、ワードプレスの方が適しています。

一方で、『ダイエット』のようにテーマが決まっていて、「そのテーマに沿った記事をこれだけ盛り込めば完成」と最初から決まっているのであれば、それはHTMLサイトの方が適している場合が多いです。


コンテンツボリューム


コンテンツボリュームの大小も導入基準の1つになります。


コンテンツボリュームが大きくなると、管理が複雑になりがちです。

また、メニューなどの共通部分を変更する際に、ページ数が多い(コンテンツボリュームが大きい)と手間がかかってきます。


ワードプレスの場合、ページ数が増えても管理画面から容易に編集ができますし、各パーツがプログラムによって読み込まれているため、共通部分を変更したい場合も、1箇所を変更するだけで全ページに反映させることが可能になります。


コンテンツボリュームが大きくなることが予想されるのであれば、ワードプレスを導入した方が楽なケースが多いです。


サイト構築における戦略・外注の有無


戦略によってどちらを導入するかを決めていくこともあります。


例えば、ペラサイトを量産していくのであれば、サイトを複数作成するスピードが求められます。

複数のサイトを早く立ち上げていくのであれば、HTMLサイトで作っていった方が効率がいいです。


一方でパワーサイトを構築していくのなら、長期的に更新・変更をしていくことになりますから、管理のしやすいワードプレスで作っていく方がいいでしょう。


また、外注を使うか使わないかを導入基準にすることもあります。

外注に記事作成を依頼して、納品していただいた記事を自分がサイトに入れていくのなら、そこまで気にする必要はありません。


ですが、作成記事をサイトに入れていく作業も外注に依頼したい場合、ワードプレスを使った方が依頼が容易になります。

管理画面の一部を外注スタッフが利用できる状態にしておくことで、記事作成をしてもらうことができます。


サイト運営方法を基準に導入を決めていく


以上3つが、ワードプレスとHTMLサイトのどちらを導入するかを決める際に、僕が重要視していることになります。

読んでいただいてわかったと思いますが、どれも「どのようにサイトを運営していくか」に基づいています。


運営方法に基づいて導入を決めていかないと、後々手間がかかってきたり、余計な時間を消費することに繋がってしまいます。


ぜひ、当記事を参考にして、ワードプレスとHTMLサイトのどちらを導入していくかを決めていただければと思います。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン