年収1000万円を20代・30代で達成するには?平均や割合を気にしないこと

年収1000万円を20代・30代で達成するには?平均や割合を気にしないこと



よく、高収入の1つの目安として「年収1000万円」という数字が挙げられます。

年収1000万円あれば、そこそこの生活ができますし、お金のことで我慢することはだいぶ減りますから、そこを目指して仕事を頑張っている人も少なくないです。


ただ、20代・30代という若いうちから、年収1000万円を達成しようと思うと、ハードルは高いですよね。

一流企業に勤めていても、20代のうちに年収1000万円いくのは難しいですし、30代で達成できる会社もごくごく一部です。


年収1000万円以上稼ぎたいと思うのは構いませんが、手段も選択肢もないまま願望を持っているだけでは、当然夢物語で終わってしまいます。


20代・30代の平均年収は?


実際のところ、20代・30代の会社員はどれくらいの給料をもらっているのか見ていきましょう。

以下に載せていく表は、国税庁による「民間給与実態統計調査」に基づいたデータなので、会社員の平均年収だと思っていただければOKです。


20代会社員の平均年収


20代会社員の平均年収は、このような感じです。

出典:http://nensyu-labo.com

僕としては、予想通りという感じです。

全体的には予想通りですが、20代後半男性の平均年収は、思っていたより多いかなと思いました。

思っていたよりも多いとはいえ、年収1000万円には程遠いですよね。


平均なので、中には年収1000万円以上稼いでいる人もいるはずですが、その割合は非常に低いと言えるでしょう。


30代会社員の平均年収


30代になると、平均年収はこのくらいになります。

出典:http://nensyu-labo.com

30代全体の平均年収は400万円を超えていますから、けっこう増えますね。

400万円もあれば、贅沢はできないにしても、一般的な生活をする分には困らないと思います。


ただ、相変わらず年収1000万円には程遠いです。

金額を見てみると、1番多い30代後半の男性であっても、1000万円の半分以下です。

これらの表から、20代・30代のうちに会社員で年収1000万円を目指すのは、現実的ではないことがわかります。


年収1000万円を超えている人の割合は?


今度は年代関係なしに、会社員の何%くらいの人が年収1000万円を超えているのかを見ていきましょう。

以下の表は、国税庁による「民間給与実態統計調査」に基づいたデータです。

出典:http://nensyu-labo.com

男性で年収1000万円を超えているのは6.6%、女性で年収1000万円を超えているのは0.7%です。


…決して多いとは言えない数字ですよね。

多いとは言えないというより、正直僕は少ないと感じました。


平均年収や年収1000万円超の割合から何がわかるか?


ここまでに紹介した20代・30代の平均年収や、年収1000万円を超えている人の割合から何がわかるかと言うと、会社員として働いて、20代・30代のうちに年収1000万円を達成するのは現実的ではないということです。

20代・30代どころか、年代関係なしに、会社員で年収1000万円を達成するのは合理的だとは言えません。


ここで僕が言いたいのは「会社員だったら現実的ではない」ということです。

そもそも、会社員とは組織の一員として働くわけですから、高収入を得たい人が選択するべきではありません。


もちろん、会社員でも多くの収入を得ている人はいますが、割合としては非常に小さいですし、あくまでも会社員という枠組みの中で考えた高収入です。

それだけ高い給料(収入)を受け取っているということは、その会社はとてつもなく儲かっているわけです。


毎月決まったお金を安定して受け取りたいのなら会社員は素晴らしいですが、お金を稼ぎたいのなら、どう考えても合理的ではありません。


20代・30代で年収1000万円を稼ぐための合理的な手段



僕は会社を退職して自分でビジネスを始めたのですが、そこには「お金を稼ぎたい」という思いがありました。

理由はそれ以外にもあるのですが、「同年代よりも圧倒的なお金を稼ぎたい」という思いを持って、ビジネスを始めました。


「毎月決まったお金が入ってこないと不安で不安で仕方ない!」ということであれば、会社を辞める必要はないですが、それでも収入を増やしたいのなら、会社に勤めながらも自分でビジネスを始めることをオススメします。

“自分でビジネスを始める”と表現すると途端に難しいと感じる人もいらっしゃるのですが、僕がやっていることって、おそらく大半の人が再現できます。


僕が取り組んでいるのは、パソコン1台とネット環境さえあれば始めることができますし、続ければ結果が出る世界だからです。


平均年収や年収1000万円超の割合は気にする必要がない


自分でビジネスをするのであれば、タイトルにも書いたように、平均年収や年収1000万円超の割合は気にしなくていいです。

なぜかと言うと、土俵が違うからです。


僕自身、毎月会社員の何倍もの収入を得ていますし、金額でお伝えするのなら、200万円を超える月もあったりします。

「すごい」とか「信じられない」とか思うかもしれませんが、ネットでビジネスをしていると、こういうことはけっこう普通に起きてきます。


実際のところ、僕だけではなくて、僕の周りには同じように稼いでいる人がゴロゴロいますし、桁が1つ多い人も存在します。


信じなくても全く構いませんが、それでシャットダウンしてしまうのは、本当にもったいないことだと思います。

稼げる可能性を自分でつぶしているわけですからね。


「どんな世界なのか?」もし少しでも興味があるのなら、メルマガを読んでみてくださいね。

やる・やらないはあなたが決めることですが、知らない世界を知って損はないと思います。


とにかく、20代・30代で年収1000万円を達成したいと本気で考えているのであれば、会社から給料を受け取る以外の手段を見つけるようにしてくださいね。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです