うつ病で会社を休む人・辞める人が今のうちから出来ること

うつ病で会社を休む人・辞める人が今のうちから出来ること


最近、会社員でうつ病を発症する人が非常に増えています。

周りからしてみたら何てことはないように見えていても、何に対しても気力がわかなかったり、寝付けなかったり、そのような経験をしているサラリーマンは少なくないのが現状です。


うつ病を発症して会社を辞めること・休むことは悪いことではないですし、むしろ体のことを考えたらそうするべきなのですが、何の準備もせずに会社を辞めたり休んだりしてしまっては、周りに迷惑をかけ、路頭に迷ってしまいます。


うつ病の原因とは?


utsu1

うつ病の原因は、環境的な要因と身体的な要因があると言われていますが、仕事をしていてうつ病を発症してしまう場合、1番の原因は間違いなくストレスです。


仕事量が多くて過労だったり、人間関係が上手くいっていなかったりすると、身体だけでなく、精神にも大きな負荷がかかります。

そういったストレスが重なることなどがきっかけに、うつ病は発症します。


少し専門的な書き方をすると、セロトニン・ドーパミン・ノルアドレナリンの神経伝達物質が減少することによって、うつが発症すると言われています。


心当たりがある場合は病院に行くこと


うつ病の厄介なところは、自分がうつ病だとわかりにくいということです。


「最近やる気が出ないなぁ」なんて思っていても、それがうつ病だと思うことはなかなかありません。

それに、うつ病に対して抵抗を持っている人は今でも少なくありませんから、「自分はうつ病なんかじゃない」と信じたい気持ちもあるはずです。


でも、少しでも心当たりがあった場合は、1度病院に行ってみるようにしてください。

症状が重くなればなるほど、復帰するのにも時間がかかってしまいますし、今までのように仕事ができなくなってしまう人も珍しくありません。


うつ病だと把握することができれば「休む」「辞める」といった選択肢も出てくるわけですし、それに対する準備もできます。


うつ病で会社を休む場合


うつ病と診断されて、会社を休職する場合、まずは医師に診断書を書いてもらいましょう。


診断書を書いてもらったら、上司に会社を休みたい旨を伝える必要があります。

おそらくここが1番のハードルですが、診断書を持って「医師からもこのように言われています」と伝えれば、きっと理解を得られるはずです。


うつ病を発症したら休むべきですから、「休まないと仕事するのが難しい」ということはしっかりと話すべきですが、会社に迷惑をかけるのは事実なので、謝罪もしっかりすることが大切です。


上司の承諾を得ることができたら、休職のために必要な書類(会社毎にあるはず)を用意して、手続きを完了させましょう。


うつ病で会社を辞める場合


うつ病と診断されて、会社を辞めると決意した場合も、最初の流れは同じです。


病院でうつ病と診断されたら、診断書を書いてもらい、上司に「うつ病を発症したため会社を退職したい」と伝えます。

この時、「辞めなくても休めばいいじゃない」と言われるケースもあるかと思いますので、それに備えた答えも用意しておきましょう。

「休めば回復するかもしれませんが、今の職場環境ではまた同じ症状が出てしまう可能性が高いので、仕事そのものを見直したいです」くらいはっきりと話してもいいかもしれないですね。


会社を辞める場合、引き継ぎもしておく必要があります。


実は僕自身、退職する割と直前(1ヶ月前くらい)に正式に退職が決定したので、引き継ぎでバタバタしていた記憶があります。

営業職だったこともあって、社内業務の引き継ぎだけでなく、得意先に対する引き継ぎも1件1件行っていました。


この時にすごく感じたのが、「社内の人は引き継ぎにあまり積極的ではない」ということです。

「引き継ぎが間に合わなかったら退職後に来てくれればいいでしょ」くらいのスタンスなのかな、と僕は感じていました。
(僕が1年半という短期間で急に辞めると言い出したのもあるのかもしれないですが…)


そうは言っても、辞める以上引き継ぎは必要ですから、そこは相手に時間を作ってもらうようにお願いして、積極的に引き継ぎをしていきましょう。


退職する以上、会社に迷惑をかけることは仕方ないことですが、できる限り退職後の業務がスムーズに進むように努力はするべきです。


会社を辞めた後の選択肢を用意しておくこと


うつ病から回復するために最も大事なのはゆっくり休むことだと言われていますが、根本的な問題を解決しない限り、再び発症してしまう可能性はけっこう高いものです。

多くの人にとっては、過労や人間関係の悪さが原因となっていますが、同じ会社に勤めている限り、そこを改善していくのは自分1人の力では難しいでしょう。


転職するのも1つの選択肢ですが、会社に勤めないのも1つの選択肢です。


僕は新卒で入社した会社をわずか1年半で退職しましたが、それは独立したからです。

独立というと途端にハードルが高いと感じてしまうかもしれないですが、僕がやっているのはパソコン1台で取り組めて、費用がほとんどかからないので、非常に始めやすいと言えます。

「ネットビジネス」というものですね。


仮に、今すぐに会社を辞めることは難しいとしても、今のうちから給料以外の収入源を作っておくことで「会社に勤めない」という選択をすることが可能になります。


僕は現在、会社員として働いていた時の何倍もの収入を得ることができるようになったのですが、あなたが望むのなら、僕と同じような状態になることも十分に実現できます。


「具体的に何をやっているのか?」ということをメールマガジンで配信しています。

無料で読むことができるので、もし興味があるのなら、以下のフォームより登録してみてくださいね。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです