ナチュラルリンク戦略はジャンルを考慮する

ナチュラルリンク戦略はジャンルを考慮する





こんにちは、イワサキです。


今回は、「ナチュラルリンク戦略はジャンルを考慮する」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、ナチュラルリンクへの理解を深めていただければと思います。


ナチュラルリンクとは


ナチュラルリンクとは文字の通り、自然に貼られたリンクのことを言います。

ホワイトハットSEOを実践していくのであれば、自演リンクを送ることはありませんから、ナチュラルリンクをもらうことで自サイトの評価を高めていくことが戦略として考えられます。


自然なリンクをもらうためには、良いコンテンツである必要があります。

良いコンテンツであるからこそ、紹介したいと思い、結果的にリンクを貼ってくれるわけです。


「良いコンテンツであること」はブラックハットSEOであってもホワイトハットSEOであっても必要なことですが、ホワイトハットSEOの場合は特に大切なことです。

中身がないサイトを自分の媒体で紹介したいとは思わないはずです。


ナチュラルリンクの場合、自然にリンクをもらえるわけですから、ペナルティを受ける可能性が非常に低いです。

ただ、ここで認識していただきたいのは「ペナルティリスクは0ではない」ということです。

ナチュラルリンクであっても、不自然なリンクだと判断されてペナルティを受けてしまう可能性は少なからずあります。

ホワイトハットSEOだからと言って絶対にペナルティを受けないわけではないので、そこは知っておいてください。


ナチュラルリンクはもらえるのか?


僕たちのようにアフィリエイトをしている人にとっては、「リンクを貼る方法」は当然に知っていることかもしれません。

ですが、サイト・ブログ運営者の多くはリンクの貼り方を知りません。

いい記事があって紹介したいと思っても、「自サイトにURLを掲載して紹介する」という概念すらそもそもない場合があります。


ナチュラルリンクをもらいやすい・もらいにくいというのは、ジャンルによって大きく異なります。

例えば、Web関連のジャンル(SEO・サーバー・ワードプレスなど)であれば、多くの人はリンクの貼り方を知っているので、良いコンテンツであれば紹介してもらえる可能性が高いです。


一方で、美容やダイエットなど、Webに携わることが少ないジャンルでは、ナチュラルリンクはもらいにくいと言えます。

ブログを書いている人は多くいますが、「その人たちの大半がリンクの貼り方を知っているか?」と言うと、答えはNOだと思います。


ですので、ナチュラルリンク戦略を取り入れていくかどうかにあたって、参入しているジャンル、もしくはこれから参入しようとしているジャンルの人たちがWebに精通しているかどうかは、1つの判断基準にする必要があります。


ナチュラルリンクをもらうことが難しい場合


では、ナチュラルリンクをもらうことが難しいジャンルの場合、どういったことを考えていくかと言うと、

  • 即効性を求めるなら自演リンク
  • ジャンルによってはソーシャルメディア拡散
上記が挙げられます。


ナチュラルリンクをもらうことが難しいジャンルであっても、良いコンテンツであれば、長期的に考えるとリンクをもらうことはできるでしょう。

ただ、時間はかかります。


そこで、即効性を求めるなら、サテライトサイトを構築してリンクを送ることで、メインサイトの評価を高めていくことが1つの有効な方法です。

これはブラックハットSEOにあたるので、ペナルティのリスクは高まりますが、早く成果を出したいのであれば検討するべき方法になります。


また、美容やダイエットのように、世の中の多くの人が興味を持っているジャンルであれば、ソーシャルメディアを使って拡散を狙うことも効果的です。

必要であれば、広告を出稿してみるのもいいかもしれません。


ソーシャルメディアから集客をすることで、直接的に訪問者を増やすことができますし、訪問者が多くのページを閲覧してくれることで、間接的に検索エンジンからの評価を高めることに繋がります。

TwitterやFacebookなど、外部リンクにnofollowが設定されているソーシャルメディアも存在します。

その場合、被リンク効果はないですが、拡散されたり訪問者が増えることによる間接的なSEO効果はあると僕は考えています。


以上のように、ナチュラルリンクをもらうことが難しい・時間がかかると判断した場合は、自演リンクやソーシャルメディア拡散をしてみることも選択肢に入れていくといいでしょう。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです