中古ドメインの効果と取得時の注意点

中古ドメインの効果と取得時の注意点


こんにちは、イワサキです。


中古ドメインに関する情報を調べていると、肯定的な意見もあれば、否定的な意見もあります。

最近では、Googleのアルゴリズムの変化に伴って、否定的な意見が目立っているように感じます。


「では実際のところ、使ったほうがいいのか?やめた方がいいのか?」

当記事では、そのような疑問を解決していきます。


中古ドメインの効果とリスク


僕がはじめに言っておきたいのは、中古ドメインを使うことに正解も不正解もないということです。


今でも、中古ドメインは効果があります。

僕もいくつか中古ドメインは持っていますが、新規ドメインと比べるとアクセスは集まりやすいですし、リンクを送った時の効果も高いと感じています。


ですが、中古ドメインを使うことにはリスクがあります。


中古ドメインは過去の評価を受け継いだ状態で使うわけですから、「自分が使っていた中古ドメインがペナルティを受けていた」なんてことも、可能性としてはあり得るわけです。

事前にある程度は調べられるのですが(後述します)、実際に使ってみないとわからない部分はどうしてもあります。


そのため、場合によっては中古ドメインを利用することがマイナスになることもあります。


ちなみにGoogleは、「ドメインの期限が切れた場合はそれまでの評価を0にする」と言っています。

実際のところ、ドメインの期限が切れても評価は0になっていないのですが(全ての期限切れドメインの評価を0にすると、アフィリエイター以外にも影響するため)、一応、Googleはそう考えていることを知っておいてください。


中古ドメインの使い方


先ほど記載したようなリスクがあるため、僕は中古ドメインは基本的にサテライトサイトとして利用しています。

評価を上げたいサイトにリンクを送ることを目的に、中古ドメインサイトを運営しています。


メインサイトで使うことも方法の1つですし、まわりのアフィリエイターでもそのように使っている人はいますが、ペナルティを受けた時のダメージが怖いので、僕はやっていません。


また、トレンドアフィリエイトに使っている人もいますが、最近は、「はじめはアクセスが集まるが徐々に減っていく」という傾向にあるようです。


パワーサイト、ペラサイト、サテライトサイト、トレンドサイト…
使い方は色々とありますが、僕はサテライトサイトとして使うことをオススメしています。


中古ドメインの取得方法


では、実際に中古ドメインを取得する方法ですが、大きくわけて2通りの方法があります。

  1. 中古ドメイン販売サイトを利用する
  2. 自力で中古ドメインを探してレジストラで購入する

レジストラとは、お名前.comなどのドメインを提供している会社のことです。


自力で探すことができるのなら、通常のドメイン価格で購入できるので費用は抑えられますが、探すのがけっこう手間です。


僕はほとんど、中古ドメイン販売サイトを利用して購入しています。

中古ドメインを販売しているサイトはいくつかありますが、中古ドメイン販売屋さんが1番オススメです。


中古ドメイン販売屋さんでは、火曜日の午前10時にドメインが追加されるので、そのタイミングを狙って購入するといいです。


中古ドメイン取得時の注意点


次に、中古ドメインを取得するにあたっての注意点をお伝えします。

中古ドメイン販売サイトを利用する場合と、自力で探してレジストラで購入する場合のどちらにも当てはまることです。


中古ドメインを取得するにあたって、重要な4つのポイントを紹介します。

  1. 過去にどのようなサイトが運営されていたか
  2. ドメインの運営歴(ドメインエイジ)はどれくらいか
  3. ブラックリストに入っていないか
  4. どのようなサイトからリンクされているか
具体的な使い方は省きますが、それぞれのチェック方法を載せておきます。


過去の運営サイトと運営歴


新しく運営を考えているサイトと過去に運営されていたサイトのジャンルが大きく異なると、検索エンジンの評価が落ちる可能性があります。

また、アダルトサイトや反社会的なサイトでないことも確認してください。


それから、サイト運営歴は長い方がドメインが強い傾向にありますので、そちらも併せてチェックしましょう。


過去の運営サイトや運営歴は、以下のサイトで調べることができます。

Wayback Machine


英語のサイトですが、URLを打ち込むと直感的にわかると思います。

wayback

黒い棒グラフが存在している部分は、サイトが存在している期間です。

上記ですと、2012年から運営されているサイトということがわかります。


カレンダーに水色の印がついている部分は、そのサイトがキャッシュ(記憶)された日です。

水色の印をクリックすることで、クリックした日にどのようなサイトだったのかを確認することができます。


上部の棒グラフの部分をクリックすることで、年を変更できます。


ブラックリストに入っていないか


該当ドメインがブラックサイトに入っていた場合、取得後もペナルティを受けたままの状態になっている可能性があります。

下記サイトでURLを入力してチェックして、もしブラックサイトに登録されていた場合は、そのドメインは取得しないようにしてください。

世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック


どのようなサイトからリンクされているか


被リンクの数や質も、事前に調べておくといいです。

下記サイト「hanasakigani.jp」が手軽に被リンクを調べるにはオススメです。

hanasakigani.jp

hanasakigani.jp

URLを入力すると上記のページが表示されます。

「被リンクの数」「被リンクのドメイン数」「リンク元のサイト」などを一目で確認することができます。

リンク元のサイト(ページ)タイトルをクリックすると、実際にリンク元のサイトに移動することもできます。



以上、中古ドメインの効果と取得時の注意点でした。


繰り返しになりますが、中古ドメインは現在でも強いSEO効果があります。

リスクや注意点をしっかりと把握して、上手に中古ドメインを利用していきましょう。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです