実力者ほど圧倒的な量の行動を続け、数え切れない失敗をしている

実力者ほど圧倒的な量の行動を続け、数え切れない失敗をしている






こんにちは、イワサキです。


今回は、「実力者ほど数え切れない失敗をしている」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、実力者の失敗への理解を深めていただければと思います。


3流の思考や行動


3流というのは、「成功していない」とか、「稼いでいない」とか、そういうことではありません。


3流と呼ばれる人は、以下のようなことを思います。

「何であの人だけ上手くいくのだろう」
「成功する人は選ばれた人なんだ」


成功している人・稼いでいる人は、そもそも自分とは違うんだ。最初から上手くいってるんだ。と、自分と成功者を線引きしてしまうのです。


そうすると、「行動をしない」ことに繋がってしまいます。

3流は、行動量が明らかに足りていないのです。


行動量が足りていなければ、成功も失敗もしません。

失敗をしないということは、学ぶこともできないですし、改善することもできないので、先に進めません。

ということは当然、実力もついていかないのです。


実力者が実力者になるまで


「1流」と呼ばれる人・「実力者」と呼ばれる人は、最初から1流・実力者であったわけではありません。


実力者は、圧倒的な量の行動を続けてきました。

圧倒的な量の行動を続けていると、必然的に数え切れないほどの失敗をすることになります。

失敗をする度に、学んで改善をして、力をつけていったのです。


圧倒的な量をこなしていれば、それは質へと変わっていきます。(量質転化)

質は量の上に成り立つわけで、最初から質が高い(実力がある)わけではありません。


量をこなし続けていると、どこかのタイミングで、周りから「実力者」と呼ばれるようになるのです。


一般的すぎて拍子抜けしたかもしれませんが、これが実力者が実力者になるまでの過程です。


なので、1流になりたい・実力をつけたいのであれば、量をこなすことから逃げてはいけないということです。


内容は似ていますが、以下の動画・記事も参考になるかと思いますので、目を通しておいてください。

→稼ぎたいのなら最初から完璧(質)を求めないこと

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン