当たり前の基準を上げるために付き合う人を変える

当たり前の基準を上げるために付き合う人を変える





こんにちは、イワサキです。


今回は、「当たり前の基準を上げるために付き合う人を変える」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、当たり前の基準を上げる方法への理解を深めていただければと思います。


当たり前の基準はまわりによって作られる


「当たり前」の基準は人それぞれです。

ある人にとっては当たり前のことでも、他の人にとっては難しいと感じたり、簡単だと感じたりします。


当たり前の基準は、自分1人で決定できることではありません。

家族・友人・恋人によって基準は変わります。誰と付き合うかで基準は変わります。


進学校に通っていれば、予備校に通って大学受験をすることが一般的になるように、当たり前というのは、身を置いている環境によって変化するのです。


ビジネスにおいても同様で、ビジネスで成功したいのであれば、成功するための人付き合いをする必要があります。


ビジネスで成功するための人付き合い


2つほど例を挙げますが、どちらの環境に身を置くべきか、考えてみてください。


「会社の愚痴ばかりの飲み会」or「自分のビジネスの話をする飲み会」

「月収100万円なんてすごいなー」or「月収100万円は誰でも稼げるよ」


1つ目の例は、特にサラリーマンの人に当てはまりますが、会社の人と飲みにいくと、どうしても会社の愚痴は出てきてしまいます。

愚痴を言うことでストレス発散になるのなら、会社で働く上では意味のある飲み会かもしれませんが、自分のビジネス成功のためには不必要です。

それなら、会社の飲み会を断ってでも、同じようにビジネスをしている人が集まる飲み会に参加した方が、よっぽど有益です。


2つ目の例は、月に100万円稼ぐことに憧れを持っている人が集まる環境か、月に100万円稼ぐことが普通だと思ってる人が集まる環境か、ということです。

仮にあなたが月収100万円を目指しているのであれば、身を置くべきなのはもちろん後者です。


憧れを持っている人が集まる環境にいても、同じように憧れを持って終わってしまいます。

まわりが月に100万円稼いでいる人ばかりなら、一緒にいる時間が長くなるにつれて、「月収100万円って当たり前なんだ」と感じるようになってきます。


ビジネスで成功するための人付き合いのポイントは、「自分が目指すところに達している人を、どれだけまわりに置くことができるか」です。


自分にとっての成功者がまわりに多くいれば、自分の基準もその人たちの基準に近づきます。

基準が変わると、行動の量や行動の質が変わります。


人付き合いを変えることは簡単なことではありませんが、当たり前の基準を上げるのなら最も手っ取り早いことでもあります。

本気で成功したいと考えているのなら、はじめは無理をしてでも、一緒にいる人を変える努力をしていくことをおすすめします。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです