楽をするために習慣化し、無意識レベルで行動する

楽をするために習慣化し、無意識レベルで行動する






こんにちは、イワサキです。


今回は、「楽をするために習慣化し、無意識レベルで行動する」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、習慣化することへの理解を深めていただければと思います。


なぜ継続することができないのか?


  • 目標体重に達する前にダイエットをやめてしまった…
  • 資格を取得する前に試験勉強をやめてしまった…
もしかするとあなたは、決めた目標を達成する前に諦めてしまった経験があるかもしれません。

僕は諦めてしまったことがあります。


目標達成するまで継続することができなかった理由は、主に2つあると思っています。

  • 「継続する=努力」だと思っていた
  • 忍耐を続けなければいけないと思っていた
多くの場合、続かない人は早い段階で諦めます。

続けて続けて諦めるのではなく、始めてすぐに諦めます。


よっぽど意思が強ければ別ですが、ほとんどの人にとって、つらいと感じていることを長期間続けていくことは困難です。

そこで考えていただきたいのが「習慣の力」です。


人間は習慣の生き物


ジョン・デューイという、アメリカの哲学者の有名な言葉があります。

「人間は理性の生き物でもなければ、本能の生き物でもない。人間は習慣の生き物である」


僕はこの言葉に非常に共感しています。


自分の1日の行動を思い返していただきたいのですが、その大半は習慣によるものだということがわかります。

朝起きて顔を洗うことも、歯を磨くことも、朝ごはんを食べることも、毎日当たり前にやっていることですが、これは習慣化されているからこそ、当たり前になっているのです。

人によっては夜寝る前に読書をすることが習慣になっていますし、人によっては夜ビールを飲むことが習慣になっています。


習慣になると、ほとんど意識せずに行動するようになります。

1度習慣になってしまえば、「継続するために頑張る」という感覚がなくなりますので、楽に続けることができます。


この習慣の力を利用することで、目標達成まで継続することが容易になります。


インキュベートの法則


習慣の力を利用するにあたって知っていただきたいのが、「インキュベートの法則」です。

インキュベートの法則とは行動心理学の言葉で、「つらくても21日間続けることで、潜在意識に刷り込まれて習慣になる」という法則です。


「継続するために頑張る」という感覚を持っている状態は、意識的に行動している状態です。

もちろん始めは意識的に行動する必要があるのですが、それを21日間続けることで、無意識に行動できるようになってくる、というのがインキュベートの法則です。


簡単に表現するのなら、「騙されたと思って、我慢してでも21日間は続けよう」ってことです。

21日間という日数に多少のずれはありますが、最低でも3週間続けると認識していただければOKです。


だんだんと楽になってくる事実を知っているだけで、最初のつらい時期を乗り切るモチベーションにもなるはずです。


目標達成のために楽をしていきたいのなら、習慣化するために努力をしていきましょう。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン