情報商材=攻略本という幻想を捨て、参考書だと位置付ける

情報商材=攻略本という幻想を捨て、参考書だと位置付ける






こんにちは、イワサキです。


今回は、「情報商材は攻略本ではなく参考書」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、情報商材への理解を深めていただければと思います。


ネットビジネス実践者が抱く幻想


受験で合格するまでの道筋と、ネットビジネスで稼ぐまでの道筋は、僕は基本的に同じだと思っています。


志望校に合格するためには、参考書を読み、講義を受け、講師に教えてもらいながら勉強をしていくのが王道です。

稼ぐためには、参考書(情報商材)を読み、時にはセミナーを受け、メンターに教えてもらいながら作業をしていくのが王道です。


受験を経験したことがあれば容易にイメージできるはずですが、「これを覚えればどんな試験でも満点をとれる」なんて攻略本は存在しません。


でも不思議なことに、ネットビジネスだと攻略本が存在するかのような幻想を抱く人が非常に多いです。

ネットビジネスを実践していると、情報商材を購入する機会があるかもしれませんが、「情報商材=攻略本」だと思っている人が多くいます。


ですが受験と同じように、「これを読めばずっと稼ぎ続けることができる」という攻略本のような情報商材は存在しません。


情報商材は参考書だと位置付ける


良い側面のみを見せて販売するという情報商材の性質上、攻略本が存在するかのような幻想を抱いてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

素晴らしい情報商材は存在しますが、購入すればずっと稼ぎ続けられるといった魔法のような情報商材は存在しません。


あまりにも情報商材を頼りにしていると、自分で学ぼうという気持ちがなくなってしまいます。

一時的に稼げるノウハウはあるかもしれませんが、時が流れて少し状況が変化すると、そこで稼げなくなってしまいます。


“稼ぎ続ける”のであれば、自分の実力をつけていくことは絶対です。

時代の変化に対応するためには、自分自身の力を高めていかなければいけません。


あなたが稼ぎ続けていきたいと考えているのであれば、情報商材は参考書だと位置付けるようにしてください。

情報商材を買って稼がせてもらうのではなく、情報商材を参考に作業をして自分で稼ぐ意識を持つことが大事です。


ちょっとした意識の違いかもしれませんが、この意識の違いが今後の取り組み方や作業量に反映されるはずです。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン