リストビルディングの全体像と効果的な新規リスト収集方法

リストビルディングの全体像と効果的な新規リスト収集方法





こんにちは、イワサキです。


今回は、「リストビルディングをわかりやすく」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、リストビルディングへの理解を深めていただければと思います。


リストビルディングとは


リストビルディングとは、文字通り、リストを構築することを言います。


リストビルディング=リスト(メールアドレス)収集をすることだと認識している人もいますが、それは違います。


リストビルディングには、2つの意味が含まれています。

  1. 新規リスト(メールアドレス)を集める
  2. 濃いリストに変えていく(ファンを作る)
当然ですが、まずは新しくリストを集めてこないことには何も始まりません。

メルマガ読者がいないのに、メルマガを送っても意味はないですからね。


DRMにおいて、多くの人が苦労するのが、リストを集めることです。

思うようにリストが集まらずに、メルマガ発行をやめてしまう人は意外と多かったりするのです。


リストが集まったら、それで終わりではありません。

今度は集まったリストを濃くしていく必要があるのです。


リストを濃くすると言われてもピンとこないのであれば、以下のマーケティングファネルの動画をご覧になってみてください。

マーケティングファネルによって濃いファンを作っていく




新規リスト(メールアドレス)を集める方法


新規リストを集めるには、色々な方法を取り入れていくといいのですが、無料で集める方法と有料で集める方法があります。

それぞれ、効果のある方法をいくつか紹介していきますね。


無料で集める方法


  • 無料レポート
  • ソーシャルメディア
  • サイト運営(SEO)
  • 相互紹介

有料で集める方法


  • 広告(号外、PPC)
  • リスト購入
  • 無料オファー
  • 情報商材販売

リスト収集方法は他にも山ほどあるかと思いますが、ここでは僕が効果があると感じている方法のみを紹介しています。


できそうなものは複数取り組んでいった方がいいですが、必ずやるべきなのは運営サイト(SEO)からのリスト収集ですね。

ちょっとネタバレのような言い方にはなりますが、まさにこのブログもSEOで集客をして、そこから新規リストを集めています。


検索結果を司るGoogleに評価される必要がありますので、SEO集客はどうしても時間がかかりますが、1度アクセスの集まるサイトを作り上げてしまえば、ほとんど手間をかけることなくリストを集め続けることもできるようになります。

お金をかけずに取り組めるわけですし、SEO集客は絶対にやるべきですね。


また、お金に余裕ができてきたら広告を使ったリスト収集もやるといいです。

僕自身、号外広告やPPC広告でのリスト収集は特に力を入れてやっていますが、費用対効果が高いなと感じます。


濃いリストに変えていくには


新規リストを集めてきたら、そのリストを濃いリストに変えていく必要があります。

「濃いリストに変えていく」と表現すると何だか機械的ですが、要するにあなたの濃いファンになってもらうというわけです。


濃いファンを作っていくためには、以下全てに注力していく必要があります。

  • マーケティングファネルを理解する
  • 自分に対して高い価値を感じてもらう
    (コピーライティング、ブランディング)
  • 結果を出してもらう
    (コンサルティング)
新規リストを集め続けるのは非常に大変なことですし、どこかで限界がきます。

DRMで長期的にビジネスをしていくのであれば、濃いファンを作っていくことは必須になってきます。


一朝一夕でできることではありませんが、マーケティングファネル・コピーライティング・ブランディング・コンサルティングの全てを理解して、注力していくようにしてください。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン

この記事が参考になったらシェアしてくださると嬉しいです