フロントエンドとバックエンドはDRM成功に必要不可欠

フロントエンドとバックエンドはDRM成功に必要不可欠






こんにちは、イワサキです。


今回は、「フロントエンドとバックエンド」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、フロントエンドとバックエンドへの理解を深めていただければと思います。


フロントエンド・バックエンドは、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を実践していく上で必要不可欠です。

メルマガで情報発信をするなど、DRMをやっていくのであれば、フロントエンド・バックエンドの考え方や手法は必ず身につけてくださいね。


フロントエンド


フロンドエンドとは、言葉からもイメージできるように、最初に出す商品・サービスのことを指します。


フロントエンドの1番の目的は、多くの見込み客を集めることです。

そのため、無料、または安価(数千円〜高くても3万円)で販売することが一般的です。


数を集めることに注力するため、利益はほとんど度外視します。

フロントエンド単体だと赤字であるケースも中にはあります。


フロントエンドとバックエンドはセットであり、フロントエンドはバックエンドを販売するための布石であると考えてください。


バックエンド


バックエンドは、フロントエンドの購入者に対して販売していくことになります。


バックエンドでは、利益を最大化させることを目的とします。

そのため、比較的高価(数万円〜数十万円)であり、フロントエンド以上に高クオリティな商品・サービスを販売する必要があります。


フロントエンド購入者に再度アプローチをしていくわけですから、バックエンドを販売する際は、フロントエンド購入者と信頼関係が築けている必要があります。

フロンドエンドで低クオリティな商品を販売していたり、サポートが雑だったりしては、信頼関係が築けるわけがありませんから、バックエンドの販売を成功させることは難しいと言えます。


DRMを実践して右肩上がりに収入を伸ばしていくためには、バックエンドの販売は必ず行うことになります。


フロントエンド・バックエンドの例


フロントエンド・バックエンドをもっとイメージしていただくために、実際に使われている例を4つほど挙げてみます。

  • 化粧品無料サンプル→化粧品
  • ワキ脱毛→全身脱毛
  • スポーツジム→マンツーマンプログラム
  • 情報商材→高額塾・コンサルティング
詳しい説明は動画でしていますので、そちらをご覧ください。


ネットビジネスではもちろんのこと、リアルビジネスでもフロントエンド・バックエンドは非常に有効に機能します。

特に、もしDRMを実践する・実践する予定があるのであれば、避けては通れない手法なので、しっかりと腑に落としてください。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン