就職したくない大学生は必見!就職しない選択肢について

就職したくない大学生は必見!就職しない選択肢について



emp1

大学卒業→就職

大学に通っていれば上記のルートを進むのが一般的ですし、むしろ大学を卒業しても就職先がない=路頭に迷うと思う人も少なくないはずです。


一応、僕は大学を卒業して就職していましたが、仮に今、僕が大学生だとしたら同じ道を歩むか?というと、答えはNOです。

就職するべきか否かは、その人の価値観やどうなりたいかによって変わってきますが、「就職することが全てではない」ということを今回はお伝えしたいと思っています。


大学生が就職先を探す理由


まず、そもそもなぜ就職活動をするのでしょうか?

大学を卒業したら就職するのが当たり前だと考えるのが普通ですから、「なぜ就職活動するのか?」なんてきっと考えたことがないと思います。


僕自身、大学3年生の時から就職活動をしていましたが、その時に就職活動している理由なんて考えていません。

「大学を卒業したら就職するもの」「就職しないと生活できない」その程度のことをぼんやりと思っていたくらいでしょうか。


大半の人は、生活していくために就職先を探しているはずです。

生活していく→お金が必要→就職するといった思考のもと、就職活動をしているのではないでしょうか。

お金がないと生活できませんから、ごく自然なことです。


でもあなたは、“就職する以外の生活するための手段”を考えたことがあるでしょうか?


どうしても就きたい職業や入りたい会社があるのならそのために頑張ることは素晴らしいですが、生活していくために就職先を探しているのなら、就職する以外の手段を考えてみるのも悪くありません。


後ほど詳しく書きますが、今の時代、就職しなくてもお金を稼ぐ方法は当たり前のように存在します。

ニートで親のスネをかじっているのはよくないですが、自立する=就職するとは限りません。


会社に勤めることの良い部分


emp2

僕は脱サラしてから会社員に戻りたいと思ったことは1度もないですが、それでも会社員の方が良い部分ってあると思っています。

会社に勤めることの最大のメリットは「毎月決まった給料がもらえること」です。


会社員の枠組みでしか考えていないと、給料が高い低いくらいしか意識が向かないかもしれませんが、そもそも、毎月決まったお金がちゃんと入ってくるってすごいことです。

仮にですが、営業の仕事をしていて、毎日サボってほとんど営業をせず、自社商品が全く売れなかったとしても、固定給はしっかりと受け取ることができるのです。明らかに会社に貢献していなかったとしても、お金をもらえるのです。


「給料が少ない…」と嘆いている人は多いですし、不満が出る気持ちはわかりますが、決まったお金を毎月もらえることは感謝するべき部分です。


僕が会社を辞めた理由


会社に勤めていた時、お金をもらえることに感謝はしていましたが、結果的には新卒で就職した会社を1年半でやめてしまいました。

僕の場合、「働いている会社がどうしても嫌だった」というネガティブな理由はあまりなく、自分で事業を始めた方が得られるものが圧倒的に大きいと感じたことが脱サラした大きな理由になっています。


昇給は嬉しいものですが、頑張って結果を出しても給料に反映されるのは雀の涙ほどです。

また、僕は昔から海外旅行が好きだったのですが、どれだけ行きたい国があって行けるお金があっても、時間がなくて妄想だけで終わってしまったことも1度や2度ではありません。

人生を楽しいものにするためには「お金も時間も必要だな」と強く強く思っていて、それで会社を辞めました。


おそらく、「できることなら就職したくない」と思っている大学生は少なくないはずですが、単純な話、他に選択肢がないから就職していくのだと思います。

どうしても就職したければ止めるつもりは全くないですが、他に選択肢があればそちらを選ぶ人も多いでしょう。


就職しない選択肢とは?


emp3

「就職する以外にどのような選択肢があるのか?」

きっと1番知りたいのはそこだと思いますが、答えはシンプルです。自分でビジネスを始めることです。


「自分でビジネスを始める」と聞くと途端にハードルが高いと感じる人もいらっしゃいますが、想像しているよりも自分で事業を行うことは難しくありません。

「楽しく生活していきたいな」くらいの気持ちで始めて結果を出すことができた僕が言うのですから、間違いないです。


たまたま、僕の周りには就職という選択をしていない人が多くて、アプリを開発している人・投資をしている人・美容サロンを開業した人など、色んな人がいます。


「初期費用が少ない」「時間の自由がある」「会社員よりも稼ぐ」

上記のような基準を持っていたこともあって、僕はパソコン1つで取り組めるネットビジネスというものを始めて、今はそれで生計を立てています。


就職しか選択肢がないと思っている人は、単純に情報が足りていないのです。

会社を立ち上げて従業員を雇うとまではいかなくても、自分でビジネスを始めて、それで稼ぐという選択肢はたくさんありますし、正しい情報を仕入れれば、思ってたよりも簡単だと感じるでしょう。


もう1度自己分析をしてみよう


就職活動でも大事だと言われていることですが、何かを始める上で、何かに取り組む上で、僕が本当に重要だと考えているのが自己分析です。


例えば僕の場合、

  • 会社員以上の収入を得たい
  • 結果に対して相応の報酬を受け取りたい
  • 好きな時に海外旅行に行きたい
  • お金の問題で我慢することを減らしたい
  • 時間の問題で我慢することを減らしたい

このような思いを持っていたので、「自分でビジネスを始める」という選択をしたのです。


僕が今メインで取り組んでいるのはサイトアフィリエイトですが、これは手段に過ぎません。

どうしてもサイトアフィリエイトが好きで取り組んでいるわけではなく、自分の思いを満たすための手段として最適だと思ったから、サイトアフィリエイトを選んだのです。


あなたも改めて自己分析をしてみてください。

自己分析をした結果、会社という組織に所属して、毎月決まったお金をもらえるのが最適だと感じたのなら、ぜひ就職活動を頑張ってください。


僕と同じように、「お金や時間の自由がほしい」と感じたのなら、就職以外の方法を検討していくといいでしょう。


どのようなビジネスをしていくかじっくりと決めるといいですが、もしネットで稼ぐことに興味があるのなら、僕が力になれるはずです。

僕がどのように稼いでいるのかをお伝えすることができますし、就職以外の道を見せることもできます。


メールマガジンで発信しているので、就職以外の選択肢を検討しているのなら、以下より登録してみてくださいね。

LINE@ではゆるい感じで発信しています

友だち追加
【@iwasaki1987】で検索!

メールマガジン