感情的価値を高めるための効果的な方法と長期的な学び

感情的価値を高めるための効果的な方法と長期的な学び






こんにちは、イワサキです。


今回は、「感情的価値をわかりやすく」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、感情的価値への理解を深めていただければと思います。


感情的価値とは


感情的価値は、情緒的価値とも呼ばれています。

感情的価値とは、なくても性能(機能)には影響がないものです。


パソコンを例に挙げますと、機能的価値にあたるのが容量や処理速度で、感情的価値にあたるのは色です。

パソコンの色が黒だとしても、白だとしても、赤だとしても、そのパソコンは同じように使えますよね。

要するに、好きか嫌いか、ということです。


好きか嫌いかというと単純な表現ですが、感情的価値は機能的価値よりも優先される場合が多いです。

僕は会社員時代、営業の仕事をしていたのですが、「アイ君が紹介してくれたものだから買うよ」と言っていただけたことがありました。

もちろん、その商品の機能が一定の基準を超えていたのだと思いますが、僕でなくて他の人が売ろうとしていたら、買っていなかった可能性は高いです。


これは、僕と相手方の間によい関係が築けていて、僕に対して感情的価値を感じていたから購入に繋がった、と言うことができます。
(上記の言葉をいただいた時は、本当に嬉しかったです)


僕に限らず、営業をしていると、○○くんからなら買う。そういったケースは割と多いのだと思います。

「できる営業マンは商品の説明をしない」と言われているのは、このことですね。


感情的価値を高めるには


感情的価値を高めるということは、あなた自身のことを好きになってもらう、ということです。

あなた自身のことを好きになってもらうためには、以下の事が効果的です。

  • 接触回数を増やす(メルマガやブログの更新頻度を増やす)
  • 人柄を見せる(Skypeの利用や実際に会う、音声や動画を利用する)
  • 見返りを求めずに与える(悩みを解決する、プレゼントをあげる)

動画内で詳しい説明をしていますが、効果的なものとして、主にこのようなものが挙げられます。


様々な体験や経験が感情的価値の向上に繋がる


好きになってもらうことは、一朝一夕でできることではありませんし、意図的にコントロールすることは難しいです。

ですので、表面的に作り上げていくのではなく、心から相手のことを思いやることが自然と言動にあらわれる。

この表現が正しいように思います。


先ほど、「感情的価値を高めるには」に記載した効果的なことは、本当に効果的なことですので実践するべきなのですが、前提として、“自分自身が本音で発信しているか”があります。

ですので、非常に長期的で抽象的なことですが、旅行する、本を読む、色んな人に会う、映画を見る、、、など

様々な体験・経験をして、自分自身の感性を磨いていくことも大事です。

これはネットビジネスに限定したことではありませんが、あなた自身がより素晴らしい人間になる、ということですね。


簡単なようで難しい感情的価値の高め方ですが、日頃の生活がビジネスに繋がると考えると面白いですよね。

動画をご覧いただいて、じっくり学んでいただければと思います。

メールマガジン