機能的価値はブランディングのベースを作る上で必須

機能的価値はブランディングのベースを作る上で必須






こんにちは、イワサキです。


今回は、「機能的価値をわかりやすく」というテーマでお届けします。

上記動画をご覧いただき、機能的価値への理解を深めていただければと思います。


機能的価値とは


機能的価値とは、”そのもの”の持つ基本的な性能のことを指します。

例えば、パソコンで言うのなら、容量の大きさ、処理の速さ、画面のきれいさなどが機能的価値にあたる部分です。

同じ価格帯でしたら、容量は大きい方が魅力的ですし、処理は早い方が魅力的です。

高性能だということで、興味を持ってもらえる可能性が高くなります。


ネットビジネスにおける”そのもの”とはあなた自身ですから、高性能というのは、質の高い情報を提供することにあたります。

質の高い情報を提供した結果、役に立つ、ためになると感じてもらうことができます。

これが、機能的価値を感じてもらえる、ということです。


機能的価値を高めていくには


機能的価値を高めていくには、以下の情報を発信していくことが効果的です。

  • 経歴
  • 実績
  • コンテンツ

経歴や実績に関しては、個人差があります。

「東大生が教える…」
「月収100万円稼ぐ○○が教える…」

このようなキャッチは、その人の経歴や実績を元に作られているものですね。

経歴や実績をアピールしていくことで、そこに魅力を感じて集まってくる人は一定数います。


ただ、繰り返しになりますが、これらには個人差があります。

自慢できるような経歴なんてないと思うかもしれませんし、ネットビジネスを始めたばかりなら実績がないのが当然です。

ですので、始める段階で平等なものではありません。


一方でコンテンツは、はじめから誰にでも作り出せるものです。

コンテンツというとスケールの大きいものを想像するかもしれませんが、例えば、ブログやメルマガも立派なコンテンツです。


単に作るだけではだめです。

他の人と比べて、明らかに優れたものを提供していくことが必要です。

自分がインプットした情報を、既存のコンテンツを上回るレベルで形にすることが重要です。

  • 他と比べて明らかに情報量が多い
  • 他と比べて明らかにわかりやすい

こういった部分で差別化を図っていきます。


価格以上の価値を提供していく


コンテンツには、無料のものと有料のものがありますが、どちらの場合でも、価格以上の価値を提供するようにします。

「無料で配布するレベルのコンテンツではない」
「1万円なのに、間違いなく5万円以上の価値はある」


そう思ってもらえるように努めることが大事です。

いい意味で、価格と内容に乖離があるということですね。


コンテンツに価値を感じてもらうことで、コンテンツ作成者のあなたに興味を持ってくれるようになります。

言い換えると、機能的価値をきっかけとして、感情的価値や自己本体価値をも感じてもらえるようになる、ということです。


機能的価値はあなたというブランドを知っていただく上での入り口となる場合が多いので、疎かにできません。

質の高いコンテンツの提供を必ず心掛けましょう。


コンテンツの作り方につきましては、動画内でも話していますが、もし悩んでいるようでしたらご連絡ください。

その方に合わせたコンテンツの作り方をアドバイスいたします。

メールマガジン